効果的な半身浴とは

半身浴の方法・簡易版

半身浴といっても普通の入浴と同じと思っている方も多いようですが、実はお湯の温度と入り方に違いがあるのです。

まず温度ですが、半身浴の場合は平均的な体温より少し高めで、38度から40度ぐらいに設定してください。

熱いのは苦手、という方もいるかもしれませんが、全身で入るよりも温度が低く感じるので心配しなくても大丈夫です。

お湯の量は、湯船に入った時におへその上ぐらい、胸の少し下までにしましょう。

肩まで浸かるぐらい入れてしまうと、心臓に負担がかかってしまって、半身浴の効果が半減してしまうので湯量は少なめにというのがポイントになります。

入り方ですが、普通なら全身にかけ湯をし、体を洗ってから入ると思いますが、半身浴をするときは下半身だけにかけ湯をします。

下半身だけを温めることで、上半身との血行の流れの差が出ますが、これが血流やリンパの流れを促進するのに効果を発揮するので、腕や上半身にお湯がかからないようにしましょう。

そして、20分から30分程度半身浴をしていると、じんわりと汗をかきはじめます。

半身浴は、入浴よりも負担をかけることなく血行を促進して新陳代謝をアップさせることが出来る、という効果を持っています。

血流や新陳代謝がアップすると、冷え症が改善出来てむくみが解消できたり、乳酸が排出されて疲労回復できたり、毛穴が開いて汚れや老廃物がしっかり排出できます。

また、負担をかけずに体が温まることでストレスを解消し、太りにくい体質へと改善していくという効果もあるので、美容にも健康にもダイエットにもあらゆる効果が期待出来るのです。


▲ページの上へ