スイカダイエットのコツ

スイカの成分とは?

スイカを使ったダイエットは、満腹感があって辛くないので、続けやすく成功率が高いことで人気になっています。

なんとなく糖分が多いイメージがあるかもしれませんが、スイカの90%は水分で、糖分は10%しか含まれていません。

これだけの割合なら、糖分のせいで太ることもありませんし、果糖というのはエネルギーとして消費されやすいのでダイエットには最適と言えるのです。

しかも、スイカはダイエット効果だけではなく美容や健康にも効果があるのです。

水分が多いので栄養はないと思われがちですが、果物ですからもちろんいろいろな栄養成分が含まれています。

その中でも、特に効果が高いのがリコピンとシステインという成分です。

リコピンは活性酸素を取り除く抗酸化力を持つカロテノイドの一種で、トマトをはじめとして、赤い色をした野菜や果物にふくまれています。

活性酸素が必要以上に増えると、細胞を攻撃して細胞膜の脂質が酸化するため、栄養と老廃物の出し入れがしにくくなって細胞が劣化してしまいます。

また、遺伝子を傷つけて細胞を変異させたり破壊したり、コレステロールを酸化させて動脈硬化を引き起こすなど、あらゆる悪影響を及ぼします。

抗酸化作用というのは、この活性酸素を取り除いてくれるので、肌のトラブルや老化を防いだり、生活習慣病を予防したり、血糖値を下げたりして、美容や健康の維持に大きく役立ってくれます。

システインはアミノ酸の一種で、ビタミンCの酸化や破壊を防いだりするので、美白効果が期待できます。

これらの成分をたっぷり含んだスイカでダイエットをすれば、同時に美容や健康にも良い効果があるのです。


▲ページの上へ