金時しょうがで冷え解消

金時しょうがで冷え取りダイエット

金時しょうがというのは日本独自の品種で、普通のしょうがよりも栄養を豊富に含んでいます。

一般的なしょうがと違って実が小さく、香りや辛味が強いという特徴があるのですが、ジンゲロールの含有量も多いのでダイエットに高い効果が期待できます。

ジンゲロールはしょうがの辛味となる成分ですが、血管をすみずみまで拡張させるという働きを持っています。

血管は種類によって太さが異なりますが、特に毛細血管と呼ばれるものはとても細いために血液の流れが滞りやすくなります。

すると、むくみや冷え症が起こったり、老廃物の排出が滞ってしまい太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。

ジンゲロールは毛細血管も拡張させるので、全身の血行を促進し代謝を促進して消費エネルギーをアップして、痩せやすい体にしてくれます。

また、金時しょうがには脂肪や糖質の吸収を阻害するという働きもあるので、脂肪による肥満や糖分による中性脂肪の上昇を防いでくれるので、ダイエット効果が期待出来るのです。

しかも、ジンゲロールは抗酸化作用を持っているので、細胞を酸化させたり破壊する活性酸素を除去する効果があると言われています。

活性酸素は紫外線やストレス、睡眠不足などで発生して細胞にダメージを与えるため、シミやしわ、たるみなどの原因にもなります。

これを取り除くことが出来るので、金時しょうがダイエットをすると美容効果も得られるのです。

他にも、血液をさらさらにする作用があるので、血栓を防いで動脈硬化を予防したり、生活習慣病の予防効果も期待できるでしょう。


▲ページの上へ